History

新村 アー写2.jpg

Drums, Percussion
新村 泰文(Shinmura Hirofumi)

北海道旭川市出身(東神楽町)。
幼少時に父から和太鼓を学び、のちにクラシックを通じて西洋打楽器の世界へ。
ドラムを猪俣猛氏に師事。様々な打楽器を用いながら、ジャンルの垣根を超えて
あらゆる音楽に溶け込む音色と演奏に定評がある。
1999年から2009年までの約10年間、北海道を拠点に活動。
ステージ、レコーディングで、多数の音楽家と共演。
ラジオパーソナリティーや音楽教育機関で講師として後進育成にあたり、
吹奏楽コンクール審査員も担当。

solo演奏も定期的に取り組み、2005年、『2005 HTB・朝日ジルベスターコンサート』に、
ドラムスで出演し札幌交響楽団(指揮、現田茂夫)と共演。
2006年には「新村泰文リサイタル~Debut~打楽器の世界」を
旧北海道厚生年金会館で開催。独自の音楽が高く評価された。

2009年より東京に拠点を移し、井上鑑、ESCOLTA、遠藤響子、島田歌穂、田代万里生、
NAOTO、平原綾香、藤澤ノリマサ、結城安浩、吉武大地、(五十音順)など、
多数のアーティストのツアーやライブ、コンサート映像作品に参加。
現在は作曲家でピアニスト、村井秀清のソロアルバム、
サントラ作品のレコーディング、ライブツアーに参加している。


Introduction

Special Information

Concert & Live

Discography

Live Report

Activity Report

Links Collection

Home

Copyright(C)2006 hirofumi shinmura All Right Reserved. mail→mail@shinmura-drums.com